タイヤの油分の補給方法とは?劣化防止法を徹底考査!

スポンサーリンク

こんちは、webライターの前田です。
「自分でタイヤを長持ちさせたい!」
と思う方もきっと多いはず。

今回は、タイヤの劣化防止に役立つ考査を記事にしました。

タイヤは、定期的にお手入れしないと、長持ちさせることが出来ません。

補給のタイミングや、タイヤの汚れ、油分の付着で起こりえるトラブルがあります。

放置しておくと、タイヤのひび割れや、ゴムが劣化して急に交換なんてことも…。

しかし、この記事を読めば、ご自身の車のタイヤを劣化防止させず、より長くタイヤの劣化を遅らせることが出来ます。
それでは、ご覧ください。

スポンサーリンク
目次

タイヤの補給(空気圧チェック)の頻度

タイヤの補給(空気圧チェック)の頻度は、1か月に1回は空気圧チェックを行いましょう

とはいえ、一般の乗用車ならば、よほど重たい荷物を運ばない限り、1か月ではほぼ減りません。

2か月~3か月で様子を見るぐらいで問題ないです。

ただ、よほどタイヤの性能がよくない、燃費の悪化が気になるようでしたら、1か月単位でのチェックがおススメです。

お仕事で、常日頃、配送をしている車は、1か月単位で必ず見た方が良いです。

荷物を積むことで、比重がかかり、空気が抜けて燃費と劣化に繋がります。

私の経験上、仕事で軽自動車を使って運搬していた頃に、空気圧をチェックしたら一か月で30㎪減っていました。

また、補給しすぎると、乗り心地、ブレーキの効き、タイヤ寿命の低下を招きやすくなります。必ずタイヤの適正空気圧を見て、補給しましょう。

タイヤの汚れの性質と油分について

タイヤの汚れの原因は、ブレーキダストや泥や砂ほこりとアスファルトに含まれる油分といった様々な要因で汚れが付着します。

特に、油分が付着した状態で、ずっと放置していると、タイヤの劣化が早くなり、ひび割れが起こる可能性があります。

タイヤを洗えば大丈夫ですが、以下の解説を踏まえて、タイヤの洗い方の注意点を載せましたのでご覧ください。

タイヤの洗いすぎはよくない
タイヤは、ゴム製品で出来ているので、あまり洗わない方が寿命を延ばせます。

寿命は、約3年~5年ぐらいと言われていますが、この辺は曖昧なので、ある程度の認識で大丈夫です。

では、どのタイミングで洗うのがベストなポイントを2点ご紹介します。

・かなり汚れが目立ってきている場合
・ボディの洗車時

このタイミングで、タイヤを洗うのが得策だと言えます。

洗車時に洗うとなると、洗車頻度にもよりますが、車をよく見る時間が長いです。

その時に、タイヤの汚れ具合を確認できますので、ボディだけでなく、タイヤも見るようにしてください。

タイヤのお手入れ方法

カーシャンプーで洗うと、薬品によるゴムの劣化スピードを速めてしまいますので、水で洗うようにしましょう。

洗い方は、ホースや、バケツなどで水をかけて、付着物を洗い流し、水をかけながらタイヤ用のブラシで全体を洗ってください。

しっかりきれいに汚れを落とした後は、乾いた布で水分を拭き取って完了です。

タイヤに含まれている成分と劣化防止方法

タイヤには、もともと劣化防止剤が配合されています。

油性物質を含んだ、タイヤワックスを使用すると、劣化防止剤が反応してどんどん外に逃げてしまいます。

結果、早期のゴムの劣化や、ひび割れを起こす原因となりますので注意が必要です。

タイヤワックスでも油性と水性があるので、成分表の記載を確認しましょう。
水性のワックスは、以下の注意点を守れば問題ないです。

・トレッド部分(直接路面に接する部分)に塗らない。
・ホイール部分に付かないようにする

上記の2点を抑えるようにすれば、タイヤの長持ちにつながりますし、ワックスによる劣化を起こしにくいと言えます。

タイヤの油分の補給方法とは?【まとめ】

タイヤを維持させることは、意外に気を使いながら見ることがわかったと思います。

タイヤには、空気は自然に抜ける、走行時に摩耗するといった2つの課題があるため、繊細にできています。
理想は、教習所で習ったことを実践できればよいですが、忙しい世の中ですのでなかなかできないですよね。

休日や、時間が空いた時や、洗車を行う際に、タイヤのチェックをするときに、この記事が一助になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次