タイヤ交換の場所がない!お困りの方へ送る使える場所をご紹介!

スポンサーリンク

こんにちは!webライターの前田です。

「自分でタイヤ交換の場所が見つからない」
「費用を出来るだけかけたくない」

こう言った、困りごとをこの記事で解決できます。

タイヤ交換の頻度も多くなると、どうしても節約したくなりますよね。

私も節約のために、以前に自分でタイヤ交換をしようとしたとき、「どこでしたらいいかわからない」時がありました。

調べてみたら意外なところで出来るのを知りました。

そんな悩みの種をお持ちの方に、今回は、タイヤ交換が出来る場所、できない場所をピックアップしました。

ぜひ、この記事を見て参考にしていただけたら幸いです。
それでは、ご覧ください。

スポンサーリンク
目次

タイヤ交換の禁止場所

自分でタイヤ交換をする場合は、禁止場所をあらかじめ把握しなくてはなりません。

基本的には、敷地外で勝手にタイヤ交換を行った場合は、交通違反や、不法占領、不法行為に当たります。

例えば、どんな場所が罰則となるか、ご覧ください。

道路の脇道

路上駐車で、駐車違反を取られる可能性あり

タイヤ交換は、すぐに運転できない状態であるため、駐車違反になってしまいます。なので、放置駐車とみなされるため、罰金をくらう可能性があります。

公共施設の駐車場

公共施設は、目的が「タイヤ交換場所ではない」ため、広く空いていた駐車場でも、お店側から苦情や、罰則される可能性があります。

基本的には、NGです。

空いている土地

勝手にタイヤ交換をしてしまうと、土地所有者から賠償金を請求される可能性もあります。くれぐれも無許可でやらないようにしましょう。

公園でタイヤ交換を行う場合

公園の駐車場で、タイヤ交換を行うとすると、事前に張り紙や禁止行為を見ておきましょう

公園でのタイヤ交換は、してはいけないルールと決まっていませんが、人が多く集まる場所です。

ましてや、子供が多く集まる場所ですので、十分に注意する必要があります。

なるべく、隅っこの目立たない場所で行うか、人気が少なくなった頃に行うのがベストでしょう。

また、公園の駐車場以外で、タイヤ交換を行った場合、通行人や管理人に通報される可能性があります。

リスクが高いので、避けておきましょう。

タイヤ交換する場所

自分の駐車スペースが狭い、傾斜の駐車場、砂利の駐車場に止めているなどの理由でタイヤ交換を出来ない方も多いはずです。

タイヤ交換場所を見つけるのも、一苦労しますので、おススメな場所を紹介します。

カーショップの駐車場

カーショップの駐車場では、用品を買って、車に取り付けすることが出来ます。

つまり、他の部品も取り付けできるのなら、セルフでタイヤ交換を許可されているはずです。

ショップにもありますので、あらかじめ問い合わせを行って、聞いてみて損はないです。

友人宅の駐車場

友達の家で、駐車場が広いところに住んでいる、もしくは土地を持っているなら、タイヤ交換をさせてもらえる可能性があります。

一度、困っていることを伝えて、駐車場や土地を借りられる日などを、調整してもらいましょう。

場所がなかったらスタンドでタイヤ交換もあり

ガソリンスタンドは、全国にどこにでもあります。

自分でタイヤ交換が困難な時は、ガソリンスタンドで予約して、安く交換できるのがメリットです。

公共の駐車場や、道路などで交換すると、リスクが高く、もし、罰金を取られたら、タイヤ交換費用以上にお金がかかり、なおかつ免許にキズがつけられます。

ならば、そういったリスク回避を避けて、タイヤ交換をした方がノーリスクです。

総合的に判断して、自分でタイヤ交換をするのか?任せるのか?を決断しましょう。

タイヤ交換をする場所がない!【まとめ】

今回は、タイヤ交換の場所がないとお困りの方へ送る使える場所をご紹介!というテーマで記事にしました。

最後にタイヤ交換をする際に必要な4つのポイントを見ていきましょう。

1,タイヤ交換の禁止場所を把握する。
2,タイヤ交換が出来る場所が限られている。
3,友人の駐車場を借りてみる。
4,リスクを回避するなら、ガソリンスタンドがおススメ

これら4つのポイントは、タイヤ交換を自分で行おうとするときに、役立てると思います。

個人的におススメなのは、身近にいる友人や知り合いに相談すれば、案外駐車場を貸してもらえるかもしれません。

最後になりましたが、この記事があなたの一助になれば幸いです。
ありがとうございました。

では、また!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次