タイヤチェーン代用となる4つの緊急避難用について解説!

スポンサーリンク

雪道走行をするときは、タイヤチェーンが必須アイテムです。

「突然の大雪で、チェーンを持っていない!」

「雪にハマって身動きが取れない!」

こんな経験をしてしまった時に、どうすれば良いかをこの記事を読めば解決できます。

ウインターシーズンで、車で現地まで行き、スキーやスノボーを楽しみたい方に取って、雪道を走行する上で、ぜひ備えてほしいです。

それでは、ご覧ください。

スポンサーリンク
目次

タイヤチェーンの代用品を知ろう

冒頭でもお伝えしましたが、雪道を走行するにはタイヤチェーンが必須です。

しかし、チェーンを常備していなくて、困ってしまうときがあります。

そこで、緊急時に代用となるものを、4つを紹介。

以下、代用品について解説しています。

雪道での規制区間は、タイヤチェーンの装備が義務化されているため、走行できないので注意してください。

タイヤチェーンの代用品一覧

ロープ

昔からロープを使われていたそうですが、あくまでスタック(雪やぬかるみにタイヤがはまること)脱出専用です。

通常走行で雪道を走ると、ロープはすぐに切れてあまり持ちません。

スタックした時に、有効な手段と考えましょう。

スプレー式タイヤチェーン

スプレー式タイヤチェーンとは、タイヤのトレッド面に特殊な液体を掛けると、グリップ力が増します。

したがって、凍結路や雪道での走行でスリップしづらくなる魔法のようなスプレーです。

近年、突然の大雪や積雪が多くなっていることから、緊急時に常備しておくと、役に立ちます。

スプレー式タイヤチェーンは決してチェーン規制区間では走行できません。

結束バンド

こちらも、緊急脱出用としています。

高速道路では走行できません。

スタックを起こした時などに使える物として売られています。

装着は、普通のタイヤチェーンより簡単で、万が一のために役に立つかもしれません。

常備をしておいても、損はないです。

ゴムバンド

ゴムバンドだと、結論から言わせていただくと代用にほぼなりません。

しかし、「非金属タイヤチェーン」はゴムかナイロンで出来ています。

「ゴムバンド」を代用として購入するよりも、「非金属タイヤチェーン」をおすすめします。

なぜなら、チェーン規制がかかっていても、なんなく走行できるからです。

スタックした状態でも、抜け出せる確率が高いですから、役に立つでしょう。

チェーンのサイズがない場合はどうする?

輸入車で、タイヤサイズが大きくて、チェーンサイズが店頭にない場合ありますよね。

取り寄せして購入する方法か、もしくはネットで探さなければいけません。

取り寄せや、ネット販売で購入しようとするなら、通常の倍以上の料金が発生して、大変だと思います。

そんな悩みがある方にとって、「布製のタイヤチェーン」は大変便利です。

海外のメーカーのオートソックなら、サイズが合う物も見つかるはずなので、おすすめです。価格もリーズナブルで、お得に買えます。

チェーン規制区間も適合されているので、安全性も推奨されていますし、なにより取り付けが簡単なところがナイス。

もし、「タイヤチェーンのサイズがない」とお困りでしたら、オートソックを選んでください。

タイヤチェーンの代用品4選!【まとめ】

今回は、「タイヤチェーンの代用となる4つの緊急避難用について解説!」ついて記事にしました。

タイヤチェーンの代用というよりも、あくまで緊急避難用で使える装備です。
この記事のポイントは、大きく分けて2つに絞りました。

1つ目は、スタックした時に、抜け出せる可能性が高いこと
2つ目は、タイヤチェーンは、必須アイテムなので必ず常備すること

ポイントは2つですが、非常に重要な意味を持ちます。

それは、タイヤチェーンが切れてしまった時に、代用として、残り数キロの距離をわずかながら走行できるのです。

雪道や凍結道を走行するために、すべて常備しないといけないわけではないですが、持っておくと安心します。

心に余裕を持って、これからのウインターシーズンを楽しみましょう!
それでは、また!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次