自動車保険を乗り換えは気まずい?代理店に連絡する方法を解説!

「自動車保険料があがった」
「新車に乗り換えた」
「保険会社・代理店への対応に不満」

などの理由から自動車保険の乗り換えを考えた人もいるかと思います。

でも乗り換えると代理店に連絡する必要があるのでしょうか。

あれば気まずい思いはしたくない。

連絡しない方法などはないのでしょうか。ここでは乗り換えした場合について解説していきます。

目次

自動車保険を乗り換えるメリット

そもそも自動車保険を乗り換えるメリットはなんでしょうか。トラブル以外の理由で見ていきましょう。

保険料の節約

昨今の自動車保険は保険会社の保険改定により毎年更新になると保険料が高くなっている傾向です。

全体的に自動車事故が多く、保険金を支払っていることために保険料が上がっていると言われていますが、事故を起こしてない契約者からすれば保険料を安くならないことに納得は出来ないでしょう。

そのため、更新前に補償内容は同じで保険料が今よりも安い保険会社に切り替えると保険料が節約出来る可能性があります。

補償内容を見直す機会

本当に必要な補償や特約を選んでいるかどうか確認する機会でもあります。

契約したときと現在とでは、車の使用状況や利用環境の変化の可能性もあります。自動車保険の補償やサービス内容を見直すきっかけになります。

自動車保険の乗り換えはバレる?

自動車保険の乗り換えをした場合、これまでお世話になった保険代理店に連絡するのは気まずいと思う人は多いかと思います。

そのまま連絡しなくても良い方法があるのでしょうか。

まず結論から言うと「現在契約している保険代理店にはバレます。」理由を見ていきましょう。

自動車保険契約は、更新しない場合は満期をもって契約終了となります。

そのため契約していた保険会社には契約更新をしない旨を伝える必要はありません。

そのため乗り換えする保険会社で契約をしてもバレることはありません。

しかしながら、契約途中の乗り換えや自動継続特約が付いている契約は、契約者の確認なしでも自動的に現在の契約が更新される仕組みになっているため、二重契約により等級継承が出来ない可能性があります。

その場合は必ず代理店に解約の連絡をする必要があります。

乗り換える際に代理店に連絡が必要

契約途中に自動車保険の解約、他社・他代理店に乗り換える際には必ず連絡が必要となりますが、なぜ連絡が必要なのでしょうか。

解約時の返戻金手続き

自動車保険を満期前に途中解約すると、年払いで保険料を支払っている場合、残りの保険期間分に対して保険料が解約返戻金として戻ってきます。

返戻金の手続きをするために連絡が必要となります。

月払いで保険料を支払っている場合

月払いで保険料を支払っている場合は、解約返戻金などはありません。

しかしながら、始期応当日という毎年の保険始期日と同じ月日の日までに解約手続きを行わないと1ヵ月分の保険料を支払わないといけません。

保険契約が重複する可能性

上記でも紹介しましたが、自動車保険の乗り換えの場合、現在の保険満期日を迎えても自動的に更新されることがあります。

保険会社によっては自動更新特約があり、契約が更新されることがあります。

更新しない旨、保険会社または保険代理店へ契約者は申し出をする必要があります。

契約が重複した状態だと等級の引継ぎが出来ないことや、契約訂正手続きが必要となるケースがあります。

自動車保険の乗り換えは気まずいけどやっぱり連絡が必要

解約返戻金や追徴保険料、等級継承のことを考えると保険会社または保険代理店には必ず連絡が必要であることをご理解いただけたかと思います。

それでも長年営業マンとの付き合いもあったし連絡することに気まずいと感じる人は多いかと思います。

ここでは気まずい思いをしない連絡方法を見ていきましょう。

保険会社のカスタマーセンターへ電話

保険会社のカスタマーセンターに電話をして解約手続きをする方法です。

ここで解約の手続きを申し出すれば大丈夫です。

しかしながら、カスタマーセンターは契約者からの解約申し出があったことを承っただけです。

解約の報告は保険会社から代理店へ連絡が入り、解約の手続きは代理店がします。

解約手続きをするときに「担当からの連絡・または代理店からの手続きはしてほしくない」と伝えれば気まずい思いをせずに解約手続きが完了します。

保険会社支社・窓口での解約

直接保険会社の支社や窓口で解約手続きをする方法です。

保険証券や本人確認書類など持参すれば、その場で解約手続きをすることが出来ます。

保険代理店ではないため担当者にバレることもありません。ただ保険会社経由で代理店に解約の申し出があったことは伝わります。

また保険会社によっては直接支店や窓口に行っても解約手続きをお断りするケースがありますので、事前に確認するなどの注意が必要です。

解約の連絡は代理店にする方が望ましい

上記でも述べたように気まずい思いをせずに解約することは可能ですが、保険会社の考えは基本的には代理店を通じて手続きをしてほしいのが本音です。

カスタマーセンターでの解約の連絡はあくまでも解約を承りましたというだけで、実際にその連絡で解約が完了したわけではありません。

また支社に出向いて解約手続きすることも基本的にはしないです。

そのため保険会社も解約の報告を代理店にして、手続きをするように依頼します。

自動車保険の乗り換えは気まずい?【まとめ】

自動車保険を乗り換える理由はいろいろあります。

ほとんどの理由が保険料の見直しや補償内容の見直しが理由で乗り換えて解約したであろうと思っています。

お付き合いもあって気まず思いをしたくないという気持ちは分かりますが、代理店としては等級継承や保険料の返戻金・追徴などでトラブルが起きるぐらいなら、乗り換えをしたから継続しないことや解約すると連絡をしてくれるほうがいいのです。

契約者も変な気遣いによりトラブルが起きるよりも連絡しておけば問題なく新しく乗り換える先の契約が出来ると思います。

乗り換える際には必ず連絡だけはしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次