自動車保険の保険料の分割払いはクレカなしで可能?徹底解説!

スポンサーリンク

自動車保険の支払いについてどのような方法があるのでしょうか。

一括払いをしないといけないのでしょうか。自動車保険の保険料は補償内容によっては高額な場合もあり、分割払いが出来るのか気になるところです。

また通販型自動車保険の場合はクレカ支払いがメインとなっていて他の支払い方法がないのでしょうか。

ここでは自動車保険の支払い方法について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク
目次

自動車保険の支払い方法について

自動車保険の保険料は新規加入・更新契約ともに支払い方法によって先払いなのか後払いなのかによります。

始期日までに保険会社で保険料の入金確認が取れない場合は契約されず、補償も受けられません。ただし、口座やクレカ払いなどは保険始期日より後になりますが、補償は受けられます。

自動車保険の支払い方法は保険会社によって違う

支払い方法は保険会社によって違います。

代理店型自動車保険の場合は、「口座引落」「カード払い」「現金払い」、通販型自動車保険の場合は、「口座引落」「カード払い」「コンビニ払い」が中心となります。

自動車保険の支払いでクレカなしの場合をどうしたらいいのか

昨今の保険会社はキャッシュレスを推奨しています。現金払いは極力したくないのが本音です。

代理店型自動車保険の場合は口座引き落としを勧めることが出来ますし、どちらかと言えばこちらがほとんどです。

しかしながら、通販型自動車保険の多くはクレカ払いが中心となっています。

保険会社によってはクレカ払いを推奨しているところもあります。クレカ払いにすると手続きも簡単ですし手数料負担もありません。

また保険料も高ければポイントもたくさん貯められるなどメリットがあります。それでもクレカなしの契約者も多数おられると思います。ではクレカなしの契約者がいる場合でも問題なく契約は可能です。

代理店型自動車保険と同じで、「口座引き落とし」や「コンビニ払い」も可能です。口座引き落としの場合は最初の書類手続きに不便を感じケースとコンビニ払いになると保険料が高いと対応が出来ない保険会社があります。

また、現金で支払いたいという場合は保険会社によっては対応してくれるケースもありますが、あまりないと考えた方がいいでしょう。

自動車保険の保険料を分割出来る

*自動車保険の支払い回数について
自動車保険の支払い回数についてどんな種類があるのか見ていきましょう。
自動車保険は一括払いと分割払いの2種類があります。保険料は分割払いも可能です。

1)一括払い
1年分または長期契約の自動車保険料を一括で支払う方法です。支払方法の多くは「現金払い」「口座引き落とし」「クレカ払い」「コンビニ払い」の方法から選択が可能です。

ここで注意が必要なのは「コンビニ払い」は高額な保険料だと対応が出来ないケースがあります。例えば、チューリッヒ保険会社だと30万円の上限などがあります。

2)分割払い(月払い)
年間保険料に分割手数料を上乗せした金額を、12分割して毎月支払うことができます。支払方法は「口座引き落とし」「クレカ払」の方法から選択します。一括払い(年払い)に比べると分割手数料が上乗せするため保険料が割増となります。

例)損害保険ジャパン
・クレカ払:3% 
・口座引き落とし払:5%

通販型自動車保険の場合はクレカ分割払いしか対応していない保険会社もあるため、クレカなしの契約者は口座引き落とししか出来ない場合もあります。

自動車保険の分割払いはクレカなしでも可能なの?【まとめ】

自動車保険の支払い方法は、キャッシュレス化が増えているため基本的には口座引き落としやクレカ払いを推奨しています。

こちらだと保険始期日より1ヶ月後に支払いになりますが、現金やコンビニ払いになると始期日より前に支払いが必要ですし、コンビニ払いだと保険料が高額であれば対応できないなどあります。

もちろん人によっては何らかの理由でクレカなしの人もいるため、そのような人でも保険契約や支払いが可能にはしています。

また分割払いも一括でまとめて払う負担が少なくなる安心感はありますが、分割手数料の割増のデメリットもあるため、契約を検討される人は分割手数料などは確認したほうがいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次