ディーラーでタイヤ交換の持ち込みはできる?メリットデメリットを解説!

スポンサーリンク

車検や点検に際に整備士から「タイヤの溝が少ないので替えた方が良い」と言われて時、「ディーラーでタイヤ交換をすると値段が高いよな」と思ったことありませんか。

なるべくタイヤ交換は安くしたいけども、どのタイヤを選択したらいいか悩むし、ディーラーなら安心してタイヤ交換を任せたいと考える人もいると思います。

ディーラーで交換するメリットとデメリットを解説し、ネット通販でも最近は購入が出来るため安いタイヤを持ち込みしてタイヤ交換ができるかについて詳しく見ていきます。

スポンサーリンク
目次

ディーラーでタイヤ交換するメリットとデメリット

ディーラーは、そのメーカーの車種別に精通しているため最適なタイヤの提案をしてくれます。一方でタイヤ専門店に比べてタイヤ交換にかかる費用は高いです。

それではディーラーでタイヤ交換するメリットとデメリットを詳しく解説します。

ディーラーでのタイヤ交換のメリット

車種別に合ったタイヤを提案してもらえる

ディーラーは、そのメーカーの車種毎にどんなタイヤであれば機能や性能を最大限発揮するか知っています

例えば低燃費や乗り心地、安定性はもちろんのこと、スポーティーに走行したい、ハンドリングを良くしたいなど運転するお客さんの好みにあったタイヤや目的にあったタイヤを提案してくれます。

ワンストップ整備が可能

タイヤ交換の場合、点検時に提案されることはないでしょうか。

メンテナンス入庫からタイヤ交換までワンストップで作業が行われるため、ディーラーでは点検、タイヤ交換は他販売店でするような時間を無駄にすることはありません。

安心感ある整備とサービス

ディーラーはそのメーカーの車種毎に精通した整備士がいますので、安心感のある整備と点検が受けられます。

例えばタイヤ交換だけでなく「バランス調整」「ローテーション」など足回り点検などがあげられます。

タイヤ交換だけなら大したことはないと思うかもしれませんが、空気圧の調整も車種別に違うため燃費や乗り心地に影響します。

ディーラーでのタイヤ交換のデメリット

料金が高い

車種によってはタイヤの料金が異なるため、一概にディーラーが高いとは言えません。

基本的にはディーラーは純正タイヤや品質重視のタイヤを用意しています。そのためカー用品店やタイヤ専門店を比べるとタイヤや交換工賃も高いケースが多いです。

時間がかかる

ディーラーは事前予約制をとっているため、アポなしでお店に行ってもすぐにタイヤ交換をしてくれません。

またタイヤの在庫を常時置いていないため、タイヤがない場合はタイヤ販売会社に取り寄せすることがあります。そのため点検と同時にすると余計に時間を要することもあります。

タイヤの種類が少ないケース

ディーラーは車種毎に使用している純正タイヤメーカーしか扱えないので、タイヤの種類がタイヤ専門店に比べて少ないです。

タイヤ専門店は海外メーカーのタイヤやECOタイヤオフロード用タイヤなど種類も豊富に用意しています。

そのためディーラーでは自分好みにカスタマイズすることが出来ないです。

ディーラーでタイヤの持ち込み交換はできる?

純正タイヤしか扱ってないディーラーでは、自分好みのタイヤが選べないことやタイヤ料金が高いため、タイヤ専門店や最近ではネット通販やオークションサイトなどでも取り扱っており、ディーラーに比べて安い値段でユーザーは買うことが出来るメリットがあります。

安く購入出来ても交換作業はどうでしょうか。特にネット通販になると交換作業はユーザーでは厳しいと思います。

タイヤ交換は車の購入時から相談にのってもらっているディーラーで、持ち込んで交換して欲しい人もいると思います。ここではタイヤの持ち込みは出来るのか解説していきます。

ディーラーは持ち込んでほしくない?

ディーラーへの持ち込みはお店毎に対応が違うことがあります。

持ち込みでも気軽に対応しているお店もあれば断るお店もあります。ディーラーにタイヤを持ち込みたいと考えている人は、事前にお店へ持ち込み可能かどうかを確認する必要があります。

ではなぜ対応が違うのでしょうか。

取り付け工賃が高い

持ち込みが可能な店舗の場合、取り付け工賃が高い場合があります。

2つの理由があります。

1つは収益面です。
本来であればディーラーで販売した場合はある程度の儲けがありましたが、持ち込みになると儲けも少なくなるため工賃を少し高めにして交換作業している場合もあります。
あくまでディーラー側が決める料金体系のため仕方がないことでもあります。

2つ目は作業してみないと金額が分からない場合です。
簡単な作業であれば問題ないですが、少し変わった作業が必要であれば作業に費やした費用が上乗せになります。

持ち込みによる不具合でトラブルになるおそれ

A)ディーラーで販売しているタイヤであれば何か不具合があった場合でも保証で交換や修理しますが、タイヤ専門店など持ち込みのタイヤに不具合がある場合はディーラーが販売しているタイヤではないので、保証が出来ないことや、交換作業後に不具合が発生した場合にクレームになることを防ぐ目的で断るケースがあります。

B)違法改造や車検対応かどうか分からないものも存在するため持ち込みは全くやらないと決めているケースです。車検ではタイヤに関する保安基準もあります。溝のすり減り、タイヤサイズなどです。保安基準外であればディーラーは保安基準適合外の車になるため作業が出来ません。

C)オークションサイトの場合は特にお断りをするケースがあります。中古品のため部品が足りないことやサイズや形があってないなどの作業トラブルになる恐れがあります。

以上のように、ディーラーとしても持ち込みによる交換ができる場合がありますが、実際には工賃など高くなることもあり、ディーラーで交換しているほうが結果的に安くなることもあります。

しかしながら、ディーラーとしても持ち込みによる不具合のリスク回避のために最初から持ち込み交換をすることをお断りすることがあります。

ディーラーでタイヤ交換の持ち込みはできる?【まとめ】

ディーラーでのタイヤ交換の費用は高いですが、純正タイヤであることや品質保証、そしてその車に精通した整備士がきめ細かく作業するので安心感があります。

一方でタイヤ交換にかかる費用はタイヤ専門店やネット通販では安く抑えることが出来るし、自分好みのタイヤを選択することが出来ます。

ただし、安く購入したタイヤをディーラーに持ち込んで交換してもらえるお店は限られています。社外品になると不具合が発生した際にクレームになるおそれから持ち込みをお断りしているお店が多いです。

お客さんにとってもいくら安く購入してもリスクが大きいことになります。あらかじめ持ち込みを検討している人は事前に店舗で確認するようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次