フィットのヘッドライトなぜ暗い?-対策することはできるのか-

スポンサーリンク

あなたの愛車、ホンダフィットのヘッドライトが暗いと感じた事はありませんか?

「昔は普通だったのに最近すごく暗く感じる」と思う方も少なくないと思います。

実は暗くなってしまう理由は3つの要因があるんです。

ではなんで暗くなってしまうのでしょうか。

フィットのヘッドライトには種類があります。

・ハロゲンランプ
・HID
・LED

の3種があり、特にハロゲンランプとHIDは暗くなったと感じる可能性が高いです。

暗いと感じるだけならまだしも実はヘッドライトが暗いと車検に落ちてしまう事もあります。

でも安心してください。

この記事ではヘッドライトの暗さの原因と、効果的な対策を解説しますのでぜひ最後までよんでください。

スポンサーリンク
目次

フィットのヘッドライトはなぜ暗くなるの3要因

ホンダフィットのヘッドライトが暗いと感じる理由には3の要因があります。

ヘッドライトの種類と劣化

初代や2代目フィットに多く使われているハロゲンバルブは、時間と共に劣化し、光の強さが弱まります。

劣化したバルブは、適切な照明を提供しないため、夜間の視界が悪くなり、運転の安全性に影響を与えてしまうんです。

レンズの黄ばみや汚れ

ヘッドライトレンズは、日光や汚れによって黄ばんだり、くすんだりすることがあります。

これにより、光の透過率が低下し、ヘッドライトの明るさが十分でなくなることがあります。

設計上の制約

特に古いモデルでは、当時の技術水準による設計制約があり、現代のヘッドライトと比べると暗く感じられます。

これらの理由により、フィットのヘッドライトは不十分な照明を提供し、特に夜間や悪天候時の運転において安全性が低下します。

また、ヘッドライトの暗さは他のドライバーや歩行者にも影響を及ぼす可能性があり、事故のリスクを高める要因となり得ます。

フィットのヘッドライト世代別特徴

ホンダフィットは、そのコンパクトなサイズと優れた燃費性能で人気のある車ですが、多くのユーザーがヘッドライトの暗さに不満を持っています。

これは特に初代フィット(GD1/2/3/4型)から4代目フィット(GR1/2/3/4/5/6/7/8型)にかけて、様々なモデルで共通の課題となっています。

初代フィット(GD1/2/3/4型)

初代フィットのヘッドライトは、時代を反映した設計で、現在の技術基準から見ると光量が不足していることが多いです。

特に古いモデルでは、ヘッドライトのレンズが黄ばむことで、光の透過率が低下し、暗さが顕著になります。

2代目フィット(GE6/7/8/9型)

2代目フィットでは、ヘッドライトの設計が若干改善されましたが、依然として暗さの問題は残りました。

この世代のフィットでは、ハロゲンバルブが主流であり、その限界が暗さの主な要因となっています。

3代目フィット(GK3/4/5/6型)

3代目フィットになると、ヘッドライトの設計がさらに進化しましたが、依然として暗さは改善の余地があります。

特に、低価格帯のモデルでは、コスト削減のために、光量が限られたヘッドライトが採用されることがあります。

4代目フィット(GR1/2/3/4/5/6/7/8型)

最新の4代目フィットでは、LEDヘッドライトが一部のグレードで採用され、暗さの問題は大幅に改善されました。

しかし、全てのモデルがLEDを採用しているわけではなく、従来型のハロゲンバルブを使用するモデルでは、依然として暗さが課題となっています。

それぞれの世代での特徴を記しましたが全てに共通して言えることはハロゲンランプが使われている事となります。

更には年式が古くなることによりヘッドライトのレンズが黄ばんでしまったり曇ってしまうことがあるのでこれも大きな要因といえるでしょう。

では「どうすれば良いの?」

その対策と改善方法を次のセクションでご説明します。

暗くなってしまったヘッドライトはどうすれば?

ホンダフィットのヘッドライトが暗いと感じる場合、いくつかの改善方法があります。

中には注意点もございますのでしっかり読んでくださいね。

ハロゲンバルブを明るくする方法

ハロゲンバルブは、時間とともに劣化し、光の強さが低下します。

劣化したバルブは、適切な照明を提供しなくなるため、定期的な交換が必要です。

※ハロゲンランプの場合、よくライトの色を白色変える方がいます。

そうすると車検に通らなくなる恐れがあるので注意してください。

落ちる要因は(色)ではなく(光量)で落ちます。

光量は純正の色(たん黄色)が一番数値が上がりますので、見やすいからと白色バルブに変えると車検に落ちてしまうことも・・・・

LEDバルブへの交換

LEDバルブへの交換は、ヘッドライトを明るくする最も効果的な方法の一つです。

LEDはハロゲンバルブと比較して、より高い光量と効率を提供します。

適切な型番のLEDバルブを選び、取り付けることで、ヘッドライトの明るさを大幅に向上させることができます。

※LEDバルブへの交換をする場合必ず車検対応を選んでください。

特に安価なLEDに多いのは光がちらついてしまい、見た目では分からないのですが、いざ車検になると落ちてしまうこともあります。

ヘッドライト曇り修理とHIDバルブ取り換え

ヘッドライトの曇りは、レンズの汚れや劣化によって起こります。

この問題を解決するためには、レンズをクリーニングするか、必要に応じてレンズ自体を交換することが効果的です。

レンズ交換だと高額になりやすいのでレンズクリーニングがオススメです。

今だとガソリンスタンドや量販店(オートバックス等)、ディーラーなどでも施工する事ができるので数万円程は掛かりますが、ヘッドライトレンズ交換よりは圧倒的に安く仕上げる事が出来ます。

また、HID(高強度放電)バルブへの交換もありますが、正直今の時代はLEDへの交換が良いです。

HIDを採用している車はどの自動車メーカーも現在は無いからです。

※LEDが主流になる前はHIDが主流だったので世代によってはまだまだHIDは流通しています。

フィットのヘッドライトが暗い理由とは【まとめ】

ホンダフィットのヘッドライトの暗さの原因と効果的な改善策について詳しく解説しました。

ヘッドライトが暗くなる主な原因は、ハロゲンランプの劣化、レンズの黄ばみや汚れ、設計上の制約です。これらの問題を解決する対策として、定期的なハロゲンバルブの交換、LEDバルブへのアップグレード、そしてレンズのクリーニングや交換が有効です。

これらの方法を実行する際は、車検の基準に適合する製品選びが重要であることも忘れないでください。

安全で快適な夜間運転のために、これらの情報を参考にしていただければ幸いです。ご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次